本文へ移動

おといく式リトミッククラス、9月開講

開講にともない、ミニレッスン付き説明会を実施いたします。
詳細、お申し込みフォームはこのページ下段にございます。

おといく式リトミックは、リトミックではありません

2019年9月、プレスト音楽教室は「おといく式リトミッククラス」を開講いたします!
 
創設者の吉田千香氏が2007年にリトミック教室を始めて以来、10年以上にわたり試行錯誤しながら仮説と検証を繰り返し開発したのが「おといく式リトミック」です。
おといく式リトミックは幼児教育プログラムですが、日本において幼児教育というと「知育」を指すことが多く、また、子どもに対して音楽を使って行う何かは、日本での社会通念上リトミックと認識されていることもあり、エンドユーザーに対して分かりやすい「リトミック」という呼称を使っています。

おといく式リトミックと非認知能力について

日本音楽教育協会の「おといく式リトミック」は、子どもの非認知能力を伸ばすことを目的として開発されています。
読める、書ける、数がわかるなど、測れる力を認知能力と呼ぶ一方、計ることができない内面の力が非認知能力と呼ばれています。
非認知能力は乳幼児教育で、というのは既に世界基準ですが、日本においても注目されはじめ、2017年3月に改訂された学習指導要領に非認知能力開発の内容が組み込まれました。
 
非認知能力は「自分に関する力」と「人と関わる力」の大きく2つの力があります。自分に関する力には、自己肯定感、自尊心、自立心、自制心などがあり、人と関わる力には、思いやり、協調性、道徳心、共感力、社交性などがあります。これら社会情緒的スキルと呼ばれる力は乳幼児期に身につけておくと、将来に渡って幸せな生活をおくることができると言われています。

生の楽器による生演奏で、心の土台をつくり、心の根っこをつくります

非認知能力は「心の土台」と言われています。その中でも「心の根っこ」と言われている自己肯定感を育むことは、日本音楽教育協会の最重要課題として捉えています。
当たり前を褒める、充分に甘えさせる、親子のスキンシップで愛情育成、感情を受け止める、叱らない、子どもに感謝を伝える。このように考えられたカリキュラムによって子どもの自己肯定感を育んでいくのが私たちのレッスンです。
ホンモノの楽器による生演奏は、そのための大切なツールなのです。

生き抜くチカラを育てたい(代表からのメッセージ)

(一般社団法人日本音楽教育協会理事長 吉田千香)

生き抜くチカラを育てたい

「音楽のチカラで人間力を育てたい」
スタートはリトミック教室でした。しかし、一般的なリトミックや学力や知力が主体の幼児教室では人間力は育たない。結果、ゼロから自分でカリキュラムを作るところから始めました。
初めからこだわったのは、プロがコンサートで使うような本物の生の楽器をたくさん使うこと。小さな子どもにしか聴こえない音域や波動が、子どもの脳にとって有益なことは分かっていました。不思議なことに、それらの音は集中力や創造力など子どものあらゆる能力を引き出します。音を聴く事によって感性が養われ優しい子になります。加えて、人の話をきちんと聞き人の心をいたわる事ができる子になります。
言われた事は完璧にできるのに、自分で考えて行動できない。模範回答は言えるけど、自分の言葉で自らの意見が言えない。そんな子どもが増えています。 感想や印象ではなく、自分の意見が言えるようになるためには「考える力」が必要です。そのためには、「学力」よりも「学習能力」のほうが大切です。学習能力を高めれば学力は自然と高まります。そのためには、心とからだを丸ごと響かせるような雑多な体験が必要。学習能力が育たなければ、自立して生活できる一人前の大人にはなれないのです。
日本の高度成長期はとっくに終わり今や成熟期を進んでいます。現在もかなりそうですが、未来はさらに「正解のない時代」を生きていかなければなりません。正解のない問題にどう取り組むのか。これには「考えるチカラ」が必要です。この「考えるチカラ」を育むには学力や知力ではなく「非認知能力」を鍛えなければなりません。そして、この「非認知能力」が最も伸びるのが0才〜5才なのです。
もはや、この潜在能力なしに「正解のない時代」を「生き抜く」のは困難です。私たちのチカラで、本物の音楽のチカラで、子どもたちの「生き抜くチカラ」を育てていきたい、そう思っています。

吉田 千香(よしだちか) /一般社団法人日本音楽教育協会理事長

千葉県出身/東京音楽大学卒業
3歳よりピアノを始める。とは言え、小中学生の頃は音楽よりもスポーツばかりの日々。バレエ・水泳・テニス、特に陸上では短距離選手として活躍した。
高校で吹奏楽部入部をきっかけに、打楽器の魅力に取りつかれる。
在学中よりリトミック教室で講師を務める。都内私立中学校での非常勤講師を2年間務め、現在一般社団法人日本音楽教育協会理事長。
子どもたち1人1人の個性を尊重した、テンポの良いレッスンは感性豊かな子が育つと多くのファンの支持を得ている。
一方ではパーカッション奏者として、多方面で活動中。池田理代子とばらのミューズたちとして全国各地で公演。また「親子はじめてコンサート」として、0歳児から入場できる演奏会を企画公演。一週間で叩けるジャンベ教則DVDに出演。マリンバ&パーカッションデュオ「Aqua」としても活躍中。
中学校・高等学校教諭一種免許(音楽)、リトミック研究センター指導者資格上級、みるきいらんど認定講師資格、MusicKeyピアノ指導者認定、ニューヨークLucy Moses schoolにてダルクローズリトミックのクラスを受講。

おといく式リトミックでは、このようにチカラを育てています

おもちゃや楽器を使うレッスンでは、子どもたちが使うものを子どもたち自身に選ばせるようにしています。これには十分な時間をかけています。例えばカスタネットを全員に配布する場合、大人にとってはどれも同じカスタネットですが、子どもにとっては全て違うカスタネットに見えています。今日はどれにしようか、と考えることにより、考えるチカラが身につきます。選んだものがお友だちと同じだったとき、譲り合う、我慢する、順番を守るなどの、社会性や協調性を学ぶのです。
ピアノの生演奏を5分以上聴いていられる「本物体験」の場が毎回あります。乳幼児期の本物体験は、人生の夢や目標を見つけるチカラ、よりよい人生を選び取るチカラにつながります。また、このレッスンは動物をテーマにおこないますが、ぬいぐるみ、イラスト、写真など論理的に考えられた数種類の教具を使うことにより、興味のあるものをもっと知りたいと思う探究心、観察力、好奇心をどんどん育んでいきます。

講師は最低2名以上で授業をしています

3歳までの子どもは、こちらが言っていることや意図していることを理解するよりも先に楽しいが優先されてしまうので、それはもう自由気ままに動き回ります。授業中、保護者の方にサポートしてもらう場合もありますが、授業中のお子さまの言動に関しては口を挟まぬようお願いしています。そのような状況の中でも、子どもの人格形成において非常に大切な時期なので、「お返事」「お片づけ」「集団行動」「コミュニケーション」などは重点的に指導していきますので、講師も忙しく動き回る必要があります。その中で、ホンモノの生楽器の音は絶対に必要不可欠。したがって、授業のクオリティを担保するためピアノを弾く講師も必要となるのです。

保護者の方の声

◎子どもの引っ込み思案が治った ◎落ち着きがなかったのに治った ◎2歳の子どもが絵本のストーリーを覚え て話せる!自然と暗記するチカラがついているようです ◎自由にさせてあげるって、こんなに良いことだと思わ なかった ◎お片付けなどのしつけと教育的な育成とをそれぞれ教えてもらってる感じ ◎愛情を注げば愛情と なって返ってくる、愛情の大切さを教わりました ◎親を大切にする子どもになれば周りの人にも優しい子どもに なれるだろう ◎近所中のリトミックを含むすべての幼児教室の体験に行ってみたけど、ここが一番よかったです

プレスト音楽教室+おといく式リトミッククラス

サテライトスタジオの利便性を活用します

2018年秋にオープンしたサテライトスタジオは、丸ノ内線茗荷谷駅から徒歩3分ほどの春日通りに面した1階という好立地にあります。
スタジオ面積も、親御さまが待機できる前室も十分なスペースがあり、入口にベビーカーが置けるスペースもありますので、大変に便利です。
また、茗荷谷駅に大変近いので、スーパーや銀行、郵便局、病院、保育園や学校、レストランやコンビニエンスストアなどが揃った便利な環境にあります。
教育の街、茗荷谷で音楽に包まれた「おといく式リトミック」をぜひ体験してください。
 

音楽の専門レッスンに引き継ぐことができます

おといく式リトミッククラスは心と体の成長だけでなく、本物の打楽器や、現役音楽家による講師のピアノの生演奏による音楽的感性も育みます。
子どもの頃からホンモノの音楽に触れてきたお子さんは、楽器を演奏することへの好奇心も高まります。そんなお子さんが3歳頃になれば体格的にもピアノやヴァイオリンが演奏できるようになります。
おといく式リトミックで感性を育て、引き続きプレスト音楽教室で専門の音楽レッスンを始める、そんなビジョンが実現できるのもプレスト音楽教室だからこそ。
お子さまの無限大の可能性をぜひ音楽で育んではいかがでしょうか。

おといく式リトミック ミニレッスン付き説明会参加申込フォーム

「おといく式リトミック」が実際にどのようなものかは、体験していただくことが一番です。
開講にあたり、ミニレッスン付き説明会を開催いたします。この機会にぜひご参加ください!
 
[ミニレッスン付き説明会実施日]
2019年9月11日(水)10:00-11:30
2019年9月18日(水)10:00-11:30
※終了時間は多少前後する可能性がございます
※必ず親子でご参加ください。
 
参加費:無料
 
お申し込みはこちらのメールフォーム、もしくはお電話で受け付けております。
お電話 03-5940-6431
(お電話受付時間:13:00-21:00/日曜のみ 18:00まで/祝祭日休業)
 
初回レッスン開催日
10月2日(水)10:00-10:50(今後、予定として毎月第1,2,3水曜日 10:00-10:50を予定しております)
ミニレッスン付き説明会参加希望日時 ※必須
お子さまのフルネーム(ひらがな) ※必須
 ※例:やまもとたろう
性別
生年月日 ※必須
   
お電話番号 ※必須
※090-1234-5678
※日中に連絡が可能な番号をご入力下さい
メールアドレス ※必須

注)半角英数字のみ
メールアドレス(確認用) ※必須

※確認のため上記アドレスを再度ご入力ください(コピペ不可)
保護者様のお名前(漢字) ※必須
 ※例:山本二郎
何を見てお申し込みをされましたか?(複数選択可) ※必須
ご連絡事項などございましたらご入力下さい

プレスト音楽教室
東京メトロ丸ノ内線
茗荷谷駅 徒歩3分
 
〒112-0006
東京都文京区小日向4-5-17
STK茗荷谷ビル2F
 
Tel. 03-5940-6431
 
営業時間
13:00-21:00(日曜-18:00)
祝祭日休業
 
 
TOPへ戻る