本文へ移動

単発でも参加できる”フレキシブル”なトランペットアンサンブルです

一度に1つの音しか出せないのがトランペットをはじめとした管楽器の特徴とも言えます。

それだけに、仲間と一緒に演奏し、ハーモニーが生まれた瞬間の楽しさは一層の喜び、楽しさがあります。

だからこそ吹奏楽、オーケストラ、ジャズバンドなどで演奏活動をされている方が多いのがトランペットなのですが...

新型コロナウイルス感染拡大はそうした方にとって大きな打撃となりました。今もなお、収束することなく世界中で猛威をふるい、複数の人間が同じ場所にいること、たったそれだけのことが難しくなっています。

楽団は練習再開の目処が立たず、今後の本番の日程も決められずにいる団体も大変多いです。それでなくとも、公共施設が使用できないなど練習場所の確保すら思うようになっていません。

 

アンサンブルしたいのに、その機会がなくなってしまった。

誰かと一緒に演奏を楽しみたい。


そう考えるのは当然のことです。
そこでプレスト音楽教室では今このような時だからこそトランペット愛好家の皆さんがアンサンブルを楽しめる機会を少しでも多くなるよう、「トランペット”フレキシブル”アンサンブル」を開講いたします!

”フレキシブル”とは

「フレキシブル(flexible)」には、物がしなやかなさま、そして「制度に融通がきく」という意味があります。

 

[レッスン料だけでも受講できます!]

通常、音楽教室でのアンサンブルクラスは教室に入会し、○曜日の○時と、常に決められた日程で継続的に参加することが多いですが、「トランペット"フレキシブル"アンサンブル」は単発での参加が可能で、参加したい日をご自身で選ぶことができます(しかも何度でも参加できます)。その場合、入会金も不要です。

 

[継続参加の会員になると様々な特典があります!]

もちろん、「1ヶ月に2回」など参加される回数を決めておく「会員」になることも可能です。会員になると教室にございます9つの練習スタジオが何度でも無料で利用でき、練習場所の確保が難しいトランペットにとってこれは大きなメリットだと思います。また、荻原先生の通常個人レッスンと併用して受講もできますので、例えば、「今月は1ヶ月のうち1回はアンサンブル、1回は通常レッスン」「来月は2回ともアンサンブル」など毎回自由に設定することが可能になります。個人レッスンで教則本を使って基礎のスキルを高め、アンサンブルという実践でそれを確認する、そんなこともできてしまうのです。

 

トランペットクラスの個人レッスンについてはこちらのページをご覧ください

”フレキシブル”の意味はこれだけではありません。参加される方が以下を自由に設定することができます。

 

[レッスンテーマを決められる]

例えば「純粋に音を出すことを楽しみたい」「アンサンブルの基礎を学びたい」、「初見の力をつけたい」「ひとつの曲をじっくり完成させたい」など。テーマに応じてトランペット講師の荻原先生が進めていきます。他にも「楽団で演奏している作品のパート練習の相手をして欲しい」「仲間とのアンサンブルのレッスンを見てもらいたい(アンコン対策など)」というのもよろしいかと思います。アンサンブルには興味があるけれど、経験がないのでテーマを決められない、という方は荻原先生プロデュースで無理なく楽しい時間になるように進めてまいりますのでご安心ください。

 

[編成を決められる]

講師の荻原先生とマンツーマンでアンサンブル体験やレッスンを受ける「2重奏」と、複数でアンサンブルを楽しむ「3〜4重奏」を選ぶことができます。2重奏を希望された場合はその時点で募集を締め切り、結果的に個人レッスンスタイルとなります。3〜4重奏を希望された場合は締め切り日(前月15日応募締め切り)まで参加者を募集し、定員に達した時点で締め切ります。

ソーシャルディスタンスを確保する関係上、このアンサンブルは原則として荻原先生を含めた最大「4重奏」を上限としますが、例えば楽団のメンバーが4名いるのでパート練習を見てほしいとか、5重奏の作品をアンサンブルコンテストで演奏するのでレッスンしてほしい、他の金管楽器やピアノ奏者を一緒に連れてきたい、といったご要望につきましては、部屋のサイズにご納得いただけるか等、条件が合えば教室内でも実施できるかもしれませんし、別会場での実施など可能性はございますので、別途ご相談ください。


荻原先生を含めない4重奏やそれ以上の編成、他の金管楽器が含まれた楽曲による参加をご希望の場合はお問い合わせフォームより別途ご相談ください

 

[曲、ジャンルが選べる/レベルが設定できる]

「クラシック系の作品が良い」「映画音楽が良い」など、レッスンで使用する楽曲のご希望をお伝えくだされば可能な限りご用意致しますが、楽譜のストックの関係上、最終的には講師の荻原先生による選曲になりますのでご了承ください。演奏レベルもある程度お伝えくだされば配慮いたします。なお、楽譜に関しては原則として事前にお渡しいたします(レッスンテーマ「初見力を身につける」を選択された場合、事前に楽譜はお渡しいたしません)。なお、特定の演奏したい楽譜がある場合や、パート練習のレッスンをご希望の場合などは楽譜をご持参いただくか、事前にお送りいただくようお願いする可能性もございます。


 

 

このように様々な条件を自由に設定できるのが”フレキシブル”アンサンブルの特徴です。

開催日程

基本的に「隔週日曜日の夕方以降」に開催いたします。
 
1枠目 17:00-18:00
2枠目 18:30-19:30
 
いずれかの回にお申し込みがありましたら3枠目「20:00-21:00」枠を追加し、募集を開始いたします。
レッスンは1枠60分ですが、2枠続けての実施も可能です。アンサンブルコンテスト前のレッスンなど集中した練習を希望される場合などにご利用ください。
 
なお、新型コロナウイルス感染防止対策として、レッスンとレッスンの間には30分間の時間を設け、換気をいたします。

開催日程〜3月からスタートします!

トランペットフレキシブルアンサンブルは以下の日程で開催いたします。
随時更新してまいりますのでご参考になさってください。

※翌月分のお申し込み締め切り日は毎月21日です。

7月(お申し込み締め切り6月21日)
4日(日) 17:00-18:00 募集中(レッスンテーマ:未定)
4日(日) 18:30-19:30 募集中(レッスンテーマ:未定)
18日(日) 17:00-18:00 募集中(レッスンテーマ:未定)
18日(日) 18:30-19:30 募集中(レッスンテーマ:未定)

9月(お申し込み締め切り5月21日)
19日(日) 17:00-18:00 募集中(レッスンテーマ:未定)
19日(日) 18:30-19:30 募集中(レッスンテーマ:未定)

感染防止対策

複数の奏者がひとつの部屋に集まることが気になる方も多いかと思います。
トランペット”フレキシブル”アンサンブルでは、以下のように新型コロナウイルス感染防止対策を実施致します。
 
1.会場は教室の最も大きい「アンサンブルスタジオ」もしくは「サテライトスタジオ1F」のみを使用します。
アンサンブルスタジオはおよそ16帖、最大20名程度が入れるサイズで、サテライトスタジオ1Fはおよそ9帖で10名まで入れるサイズです。このサイズの部屋に原則最大4名までの入室といたします。
 
2.四隅から中心に向けて演奏します
例えば4重奏の場合、それぞれの奏者が部屋の角から部屋の中心にベルを向けて音を出す並び方で進めます。そのため、奏者同士の間隔は2m以上を確保できます。2mの距離は会話による飛沫も届かないとされていますので声を出しても心配ありません。
3.入れ替え時間を30分確保しています
レッスン時間は1枠60分。1日最大3枠の実施になりますが、入れ替え時間を30分確保してるため前後の受講生と部屋や教室内で渋滞することはありません。入れ替え時間には十分な換気も行います。
===============
1枠目:17:00-18:00
〜入れ替え30分〜
2枠目:18:30-19:30
〜入れ替え30分〜
3枠目:20:00-21:00
===============
 
4.パーテーションの利用が可能
それでも気になる場合、ビニールのパーテーションをご用意することができます。ご自身の前に置くか、講師の荻原先生の前に置くスタイルになります。
5.建物内の換気は常に行っています
教室は常に窓を開けて空気が流れるようになっておりますので、レッスン前の待機場所も安心です。

6.除菌、消毒
教室のお手洗いにはハンドソープ、そしていくつかの場所には手指消毒用のアルコールが設置されている他、レッスン実施前にはドアノブやスリッパの徹底した消毒を行っています。また、管内の水分は基本的にペーパータオルを床に置き、そこに出しておりますが、回収の際にペーパータオルと床をスプレーによる除菌をして、1つのビニールにまとめた上で口を縛り、捨てるようにしております。これらは通常のトランペットレッスン時にも生徒さんにご協力いただいて実施しております。

その他、気になることがございましたらお気軽にお申し付けください。可能な限りの対応をさせていただきます。

講師紹介

荻原明(おぎわらあきら)
東京音楽大学吹奏楽アカデミー専攻トランペット講師、プレスト音楽教室トランペット講師。

神奈川県横浜市出身。東京音楽大学器楽科トランペット専攻卒業。トランペットを津堅直弘氏に師事。
第8回クラシック音楽コンクール全国大会第3位(1位,2位なし)。ららぽーと豊洲にて開催されていたパイプオルガンコンサートに5年に渡りソリストとして出演。2016年9月から10月にかけて全4回のリサイタルを開催。
 
室内楽、吹奏楽、管弦楽への編曲を数多く手がけ、出版楽譜の作成・浄書も行っており、 近年では東京音楽大学シンフォニック・ウインド・アンサンブルへの編曲「交響詩 ローマの祭」および「ガイーヌ組曲」が好評を博す。
 
様々なスタイルの講習会や公開レッスンを2015年、2016年(半年間で全24回)、2018年、2019年に開催し、日本全国から受講生が集まる。2020年には半年間で全14回のオンライン講習会を開催。
 
2008年4月に公開を開始したブログ「ラッパの吹き方」は、毎月10万アクセスを超える人気ブログになり、公開10年目を迎えた2018年4月より新ブログ「ラッパの吹き方:Re」を開始。
 
まるごとトランペットの本」を青弓社より、教則本「トランペット ウォームアップ本」をデザインエッグ社より出版。

こんなにも"フレキシブル"に活用できます!

トランペット”フレキシブル”アンサンブルは、その名の通り生徒さんのご希望によって様々に内容が変化するのが最大の魅力です。しかもそれだけではありません、通常の個人レッスンと併用したり、例えば楽団の本番前には一緒に活動している仲間と一緒にパートレッスンに切り替えることも可能です!ではここでいくつかの利用例をご覧いただきましょう。

Aさんの場合『一緒に音を出す体験をしたい』

「大人になってから始めたトランペット。特に誰かに習うでもなく、ネットでの情報収集や本を読んで勉強し、試行錯誤を繰り返して今では簡単なメロディであれば演奏できるようになりました。
そうなると次は誰かと合わせてみたいと思い始めたのですが、どこかの吹奏楽団に入るというのはまだまだ敷居が高いので、今の自分のレベルでも無理なく楽しくアンサンブルをしてみたいのです。」
 
このような方におすすめなのは、
『2重奏での参加』
『単発での参加からスタート』
レッスンテーマは『音を出して楽しみたい』
です。

 まずは単発でお申し込みください。あなたの今のレベルに合わせた無理のない作品で、ハモりを体験してみましょう。もしアンサンブルすることが楽しいと感じたら、ぜひ次回もご検討ください。
その場合、入会して継続した参加をされるのもおすすめです。入会するとアンサンブルだけでなく通常の個人レッスンを受講することもできますので、これまで独学で練習されてきた確認ができ、一層のレベルアップが期待できます。


単発での参加は1回7,645円(税込)です。

Bさんの場合『吹奏楽の合奏とは違うアンサンブルに戸惑っています』

「高校で吹奏楽部に所属しています。今度演奏する金管アンサンブルで1stを任されました。指揮者のいないアンサンブルでは、出だしの合図などを私がしなければいけないのですが、どうやって良いかわからずみんなを困らせてしまっています。また、先生から「アンサンブルは奏者同士のアイコンタクトが大切だ」と言われるのですがそれもよくわかりません。アンサンブルのノウハウを学びたいです」
 
このような方におすすめなのは、
『2重奏での参加』
『単発での参加からスタート』
レッスンテーマは『アンサンブルの基礎を学びたい』
です。
 
単発での参加は1回7,645円(税込)です。
 
アンサンブルは合奏と違って奏者のすべきことがたくさんあります。どのようなことをどのように行うと良いのか、まずはこれを学びましょう。単発レッスンで納得できるまで参加されるのがおすすめです。アンサンブルの基礎が身に付いたら、ぜひ一緒に演奏されているみなさんと一緒に教室へいらしてください。部活動に荻原先生をお呼びして、作品の完成度を高めていくこともできます。

Cさんの場合『楽譜を読むのが苦手です』

「学生時代は吹奏楽部に所属していたこともあり、トランペットを演奏することはそれなりにできると感じています。ただ、私は楽譜を読むのが大の苦手。楽譜を見ると音符が目の前をぐるぐるして、何をどうして良いかわからなくなってしまいます。
楽譜を読む力を身につけたいと思っているのですが、アンサンブルレッスンが良いのでしょうか」
 
 
このような方におすすめなのは、
『2重奏での参加』
『1ヶ月2回の継続レッスン(入会)』
レッスンテーマは『楽譜を読む力を身につけたい』
です。
 
アンサンブルは、自分ひとりの都合で演奏を止めることができません。良い意味でのプレッシャーがあるため、楽譜を読むこと、音楽を作り上げることの集中力が身に付きやすいのです。
しかしそれだけだとレッスンも疲れてしまうかもしれませんから、入会された上で1ヶ月に2回のレッスンに設定し、数回に一度はアンサンブルではなく荻原先生の個人レッスンで「楽典(音楽理論)」を含めた楽譜を読む基礎のレッスンを挟んでいくのがよろしいかと思います。入会されるとアンサンブルと個人レッスンの両方をお好きなバランスで受講できるので大変便利です。
また、入会されると教室にございます9つの練習スタジオを無料で何回でも利用できますから、楽譜を読む練習も楽器を吹く練習も集中して行うことができ、大変便利です。
 
 
料金は、1ヶ月2回で18,260円税込(会費込み)
初回のみ入会金として13,200円税込がかかります。

Dさんの場合『吹奏楽のパート練習がしたい』

「現在、一般の吹奏楽団に所属しています。楽団では合奏だけでなくパート練習なども行っているのですが、どうしても奏者同士のピッチやタイミングが合わず、納得のいく演奏ができません。指揮者からも音程を合わせるように言われるのですが、どうしたら合うのか、何が原因なのかわかりません。そういった内容に特化してアンサンブルについてじっくり学びたいと以前から考えていました。」
 
このような方におすすめなのは、
『3〜4重奏での参加』
『単発レッスンをメンバーと一緒に申し込み』
レッスンテーマは『楽団で演奏している作品を一緒に合わせてもらいたい』
です。
 
合奏やパート練習で陥りがちなのが「できないことを指摘する」だけのいわゆるダメ出し状態になってしまうこと。ピッチが合っていなかったり、リズムが揃わなかったり、そういった「できていない」事実はみなさんが気づいていることですから、今更「合ってないよ」の指摘は意味がないのです。大切なのはその理由、そして解決するための理論と実践。ぜひパートの皆さんと一緒にお申し込みください。最初から複数名で参加する旨をお申し込みフォームでお伝えいただければ結構です。講師の荻原先生が解説や実際に演奏に参加したり、皆さんだけで演奏したりとあらゆるパターンで完成度を高める意味のあるレッスンを提供いたします。
とりあえず単発で参加していただいて、その後はお一人で参加して理論をじっくり学ぶのも良いですし、定期的に皆さんで参加されるのがよろしいかと思います。
また、楽団の練習場へ荻原先生を派遣することも可能ですので、ご相談ください。
 
料金は、1回7,645円税込×参加される人数です。

Eさんの場合『アンサンブルも個人レッスンも興味があります』

「トランペットのテクニックを高めたいと思っており、個人レッスンに申し込もうかと思っていましたが、アンサンブルにも大変興味があります。とにかくトランペットでたくさんの経験をしてみたいです」
 
このような方におすすめなのは、
『2重奏/3〜4重奏(参加方法をその都度変える)』
『1ヶ月2回の継続レッスン(入会)』
レッスンテーマは『その他(その都度変える)』
です。
 
トランペットの可能性を様々な角度から楽しむ、それが実現できるのが「トランペット”フレキシブル”アンサンブル」です。入会された上で、アンサンブルと個人レッスンをその都度変更して参加してください。入会されると講師の荻原先生と直接連絡も取れますから、レッスンテーマの提案も日程調整もスムーズになるはずです。
 
料金は、1ヶ月2回で18,260円税込(会費込み)
初回のみ入会金として13,200円税込がかかります。

レッスン料金について

単発で受講する場合(おひとり):税込7,645円/1レッスン(60分)
※グループで参加される場合は税込7,645円×人数です。
 
継続して受講する場合(入会)
1ヶ月 1回(60分)受講の場合:毎月 税込7,645円+会費
1ヶ月 2回(60分)受講の場合:毎月 税込14,960円+会費
 
会費:税込3,300円(レッスン料と合わせて毎月お支払いいただく維持費です)
入会金:税込13,200円(入会時のみお支払いいただいております)
 
[入会のメリット]
入会されると、お好きな時に教室の練習室が無料でご利用いただけますので、アンサンブルレッスン前に音出しをされるなど予習復習としてもご利用ください。また”フレキシブル”アンサンブルだけでなく、荻原先生の通常個人レッスンを受講することも可能になります。1回分はアンサンブル、もう1回は個人レッスンで教則本やトランペットの基礎的なレッスンを受けるのもよろしいかと思います。他にも、楽譜やバルブオイルなどが会員価格でお求めいただけます。
 
なお、このコースは「トライアルコース」としてのお申し込みはできません。

キャンセル料金に関して

アンサンブルレッスンという特性上、キャンセルは原則受け付けません。参加される日程に関して、ご自身のスケジュールを十分ご確認ください。
単発でお申し込みの方がキャンセルされる場合は以下のキャンセル料をお支払いいただきますのでご了承ください。キャンセル料金が発生した場合、未払いの場合は教室からの請求に従ってお支払いただき、支払済の場合はその差額のみ払い戻しをいたします(払い戻しにかかる費用はお客様負担とさせていただきます)。
 
 連絡なしのキャンセル(当日不参加)→料金の100%
 当日キャンセル→料金の100%
 前日キャンセル→料金の100%
 前々日から2週間前まで→料金の80%
 お申し込み完了から2週間前まで→料金の50%
 
ただし、新型コロナウイルス感染の疑い等の場合はその旨をできるだけ早くご連絡ください。ご相談の上、その都度対応させていただきます。
 会員の方は別日程に変更したり、個人レッスンに変更することもできますが、ご一緒に参加される方への配慮をお忘れないよう、極力キャンセルをされないようお願い致します。

トランペット”フレキシブル”アンサンブルお申込みフォーム

ご注意:レッスンテーマはそれぞれの開催日程の「最初にエントリーされた方が決定」できます。

お名前(申込者) ※必須
例:山本花子
フリガナ ※必須
(カタカナ)
例:ヤマモトハナコ
電話番号 ※必須
例:090-1234-5678
※連絡の取りやすい電話番号をご入力ください。
ご年齢
ご職業 ※必須
メールアドレス[重要] ※必須



※確認のため、2段目に同じメールアドレスの再入力をお願いします。
※ご入力のメールアドレスへ今後のご連絡を差し上げますので、パソコンからのメールの受信が可能なアドレスでお願いします。
お支払い方法 ※必須
以下、レッスン日時や内容についてお聞かせください
参加方法 ※必須

※入会をされると荻原先生の個人レッスンも受講でき、練習スタジオが無料でご利用いただけます。また、アンサンブルレッスンも優先して日程を選択することができます。
参加希望日時 ※必須


※3 or 4重奏を希望された場合、その日時枠は募集を継続しますが、締め切りまでに参加者が増えなかった場合は2重奏でのアンサンブルとして実施致します。
※入会され、継続参加を希望される方は、初回の希望日時を選択してください。
※一度に複数のお申し込みをされる場合は以下の「その他」の欄に2枠目以降をご入力下さっても構いません。
複数の日程をお申し込みになる際はこちらにご入力ください
ご希望のレッスンテーマ ※必須

※レッスンテーマはそれぞれの開催日時最初のエントリーの方が決定しますので、すでに参加者がいらっしゃる日時の場合反映されません。詳しくはこちらのフォーム上段に掲載されております開催日程一覧でご確認ください。
レッスンテーマに関しての具体的なご要望
希望する作品ジャンル(複数選択可) ※必須

※「その他」を選択された場合、下の欄にご入力ください。
※教室所有リストから作品を指定される場合は下の欄にご入力ください。
※「楽譜を持参」を選択された場合、下の欄に具体的な作品名(書籍名)や作曲者などを記入してください。
作品の指定/楽譜をご持参される場合は、詳細をお願いします
以下、あなたの演奏経験についてお聞かせください
音楽経験について 1 ※必須
音楽経験について 2 ※必須
音楽経験について 3 ※必須
音楽経験について詳しくお聞かせください


※選曲やレッスンの進行の参考にさせていただきたいので、経験年数やブランクの有無、これまでのアンサンブル経験などについてお聞かせください。
その他

※上記までで書ききれなかった点やご要望、ご質問などご自由にご記入ください。新型コロナウイルス感染防止対策についてのご要望などもこちらにご記入ください。
確認事項 ※必須

※お申込みをキャンセルまたは変更される場合、必ず前営業日の営業時間内までにご連絡ください。フォーム上段にございます「キャンセル料金に関して」をご確認の上、ご理解いただけましたら「確認」にチェックを入れ、お申し込みください。

プレスト音楽教室
東京メトロ丸ノ内線
茗荷谷駅 徒歩3分
 
〒112-0006
東京都文京区小日向4-5-17
STK茗荷谷ビル2F
 
Tel. 03-5940-6431
 
営業時間
13:00-21:00(日曜-18:00)
祝祭日休業
 
 
TOPへ戻る